不景気.com > 国内倒産 > 兵庫の水道配管材卸「伸洋商事」が破産開始決定受け倒産

兵庫の水道配管材卸「伸洋商事」が破産開始決定受け倒産

兵庫の水道配管材卸「伸洋商事」が破産開始決定受け倒産

兵庫県相生市に本拠を置く建築資材卸の「伸洋商事」は、4月9日付で神戸地方裁判所姫路支部から破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1972年に設立の同社は、上下水道用配管材やビニールパイプなど建築資材の卸売を主力に事業を展開。

しかし、景気低迷による公共工事の減少等で販売が落ち込み、売上はピーク時から半減。また、事業規模に見合わぬ多額の借入金が資金繰りを逼迫し、やむなく今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると負債総額は約2億1000万円で、2月14日に事業を停止していたとのこと。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事