不景気.com > 国内倒産 > 水産物加工の「新東京インターナショナル」が民事再生法を申請

水産物加工の「新東京インターナショナル」が民事再生法を申請

水産物加工の「新東京インターナショナル」が民事再生法を申請

東京都港区に本拠を置く水産物加工の「新東京インターナショナル」は、4月1日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1988年に設立の同社は、北米からタラ白子の輸入・加工販売を開始。90年代に入ると大手コンビニエンスストア向け「おにぎり」の具材加工・販売が中心となり、以後は「セブン&アイグループ」などを主要取引先として事業を拡大していました。

しかし、消費不況による値下げ圧力で収益が悪化したことに加え、為替予約における損失が資金繰りを逼迫。単独での経営再建を諦め、今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、通貨オプション取引による損失を除く負債総額は約92億2200万円の見通し。

新東京インターナショナル 民事再生法適用を申請 - SankeiBiz

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事