不景気.com > 国内リストラ > 新星堂が希望退職による185名の削減へ、社員4割強に相当

新星堂が希望退職による185名の削減へ、社員4割強に相当

新星堂が希望退職による185名の削減へ、社員4割強に相当

ジャスダック上場の音楽ソフト・書籍販売「新星堂」は、希望退職者の募集による185名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは全社員で、社員424名の4割強に相当する募集人員。退職日は5月20日とし、退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する予定。

また、経営責任を明確にするため役員報酬を最大65%減額するほか、従業員の給与減額も拡大して継続し、2011年3月末まで月額基本給の平均30%を減額する見通し。

景気低迷による消費の落ち込みや、インターネット普及による販売不振で業績が悪化していることから、大規模なリストラ策により固定費の削減を目指す方針。

経営合理化に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事