不景気.com > 雇用問題 > 新卒採用企業は前年比4.7%減の91.1%、2年連続で減少

新卒採用企業は前年比4.7%減の91.1%、2年連続で減少

新卒採用企業は前年比4.7%減の91.1%、2年連続で減少

日本経団連が発表した「新卒採用に関するアンケート調査」によると、2010年3月卒業予定者を採用した企業は、前年比4.7%減の91.1%だったことが明らかになりました。

採用実施企業 次年度採用予定
2011年度 ----- 87.5%
2010年度 91.1% 86.4%
2009年度 95.8% 93.9%
2008年度 97.2% 90.5%

これは、新卒者の採用活動を総括するため1997年から実施されている調査で、経団連に加盟する1283社を対象に425社から回答を得たもの。

採用市場に関する調査では、2004年度から5年間続いていた「売り手市場」の評価が一転し、64.1%の企業が「買い手市場」であったと回答。売り手市場と答えた企業は実に2.8%にとどまったことから、新卒学生には厳しい就職活動であったと言えそうです。

一方、来年度の採用予定は若干ながら上向きとなっており、雇用環境における底入れも近いとの見方もあります。

日本経団連:新卒採用(2010年3月卒業者)に関するアンケート調査結果

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事