不景気.com > 国内リストラ > パルステックが給与減給と一時帰休を継続、赤字転落見通しで

パルステックが給与減給と一時帰休を継続、赤字転落見通しで

パルステックが給与減給と一時帰休を継続、赤字転落見通しで

静岡県浜松市に本拠を置く東証2部上場の電子機器製造「パルステック工業」は、給与減額や一時帰休を含むコスト削減策の継続を明らかにしました。

それによると、役員報酬の30~60%減額のほか、役職手当の一律30%減額、35歳以上の従業員を対象に基本給の最大20%減額を継続して実施する方針。

また、出勤日となっている土曜日の全てを全社一斉の一時帰休とするほか、月に2出勤日程度の一時帰休を実施し、帰休中は8割の休業手当を支給する見通し。

直近では設備投資の回復により受注の底堅さが見え始めているものの、第4四半期に予定していた「特殊記録用ドライブ」の出荷が困難となったことで売上が減少。それを受け、2010年3月期は赤字に転落する見通しを明らかにしています。

2010年3月期個別業績予想:パルステック工業

売上 営業損益 純損益
前回予想 25億円 5000万円 7700万円
今回予想 21億600万円 △1億9700万円 △1億6800万円

コスト削減に向けた諸施策の継続に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事