不景気.com > 国内リストラ > ポケットカードが250名の人員削減と8拠点の閉鎖へ

ポケットカードが250名の人員削減と8拠点の閉鎖へ

ポケットカードが250名の人員削減と8拠点の閉鎖へ

東証・大証1部上場の「ポケットカード」は、250名の人員削減および支店・営業所など8拠点の閉鎖を含むリストラ策の実施を明らかにしました。

2009年期初時点の従業員数950名を2010年期末時点で700名に削減するほか、支店・営業所の統廃合により23拠点から15拠点へ組織をスリム化する見通し。

消費低迷による成長率の鈍化や、改正貸金業法による利息返還請求への対応など厳しい環境が続いていることから、クレジットカード事業への「選択と集中」により収益改善を目指す方針。

また、2010年2月期通期連結業績予想を下方修正し、純損益で41億円の赤字幅拡大となる見通しを明らかにしています。

2010年2月期通期連結業績予想:ポケットカード

売上 営業損益 純損益
前回予想 373億円 △2億円 △1億5000万円
今回予想 375億円 △68億円 △41億円

これは、今年6月に完全施行される改正貸金業法に備え、利息返還損失関連の引当金を保守的に積み増したための措置。

経営改善計画の策定に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事