不景気.com > 国内倒産 > ビル管理の「小樽開発」が自己破産申請し倒産へ、丸井今井入居

ビル管理の「小樽開発」が自己破産申請し倒産へ、丸井今井入居

ビル管理の「小樽開発」が自己破産申請し倒産へ、丸井今井入居

北海道小樽市に本拠を置く不動産賃貸および管理の「小樽開発」は、事後処理を弁護士に一任し、近日中にも自己破産を申し立て倒産する見通しであることが明らかになりました。

1988年に百貨店「丸井今井」や地元地権者などが出資し設立された同社は、1990年に「丸井今井」小樽店や「小樽グランドホテル」が入居する地下1階地上13階の商業ビルとして営業を開始。

しかし、近年は他施設との競争が激化したほか、景気低迷による消費の冷え込み等でテナントの撤退が相次ぎ業績が悪化。2009年3月以降は休眠状態となっていたことに加え、今年2月には債権者よりビルの競売を申し立てられたことで、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約80億円の見通し。

小樽開発、自己破産へ 負債80億円 北海道新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事