不景気.com > 国内倒産 > 電子機器向け部品製造の「日新パーツ」が破産決定受け倒産

電子機器向け部品製造の「日新パーツ」が破産決定受け倒産

電子機器向け部品製造の「日新パーツ」が破産決定受け倒産

東京都大田区に本拠を置く電子機器および通信機器向け部品メーカーの「日新パーツ」は、4月23日付で東京地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1971年創業、1973年設立の同社は、携帯電話など無線機器のアンテナや同軸コネクタ・コネクタケーブル等の製造を主力に事業を展開し、2004年には中国に生産拠点を設けるなど業容を拡大していました。

しかし、景気低迷による受注の減少に加え、競争激化による単価の下落で収益力が悪化。今後も業績回復が望めないことから、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、2009年8月期末時点の負債総額は約10億7100万円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事