不景気.com > 赤字決算 > JR東日本の09年度・鉄道営業収入は過去最大の4.9%減

JR東日本の09年度・鉄道営業収入は過去最大の4.9%減

JR東日本の09年度・鉄道営業収入は過去最大の4.9%減

JR東日本は、2009年度の鉄道営業収入が前年度比4.9%減となり、1987年の会社設立以来、過去最大の下落となったことを明らかにしました。

2009年度の鉄道営業収入:JR東日本

近距離 中長距離 定期利用 合計
△1.6% △9.2% △0.9% △4.9%

なかでも中長距離の利用が9.2%の大幅減を記録したことから、ビジネス客や高速道路の料金割引による顧客流出が進んだ結果と考えられます。

ここ数ヶ月の直近を見ると減少幅が縮小しているものの、新たな高速道路の料金上限制度による収入悪化も懸念されることから、先行きには一抹の不安を抱えていると言えそうです。

JR東日本:月次情報

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事