不景気.com > 国内倒産 > 鳥取の「浜村ビューホテル」が自己破産申請し倒産、身売りへ

鳥取の「浜村ビューホテル」が自己破産申請し倒産、身売りへ

鳥取の「浜村ビューホテル」が自己破産申請し倒産、身売りへ

鳥取県気高町・浜村温泉の旅館「浜村ビューホテル」は、4月15日付で鳥取地方裁判所へ自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1913年に創業の同旅館は、客室数20室・収容人数100名を誇る浜村温泉を代表する老舗旅館。1980年代からは業績悪化や後継者不足などで近隣の宿泊施設が相次ぎ閉館となる中、同温泉唯一の旅館として経営を続けていました。

しかし、近年は売上が落ち込んでいたことに加え、景気低迷も重なり経営が悪化。有利子負債が資金繰りを逼迫し、やむなく今回の申請に至ったようです。

今後は営業を続けながら、別会社に事業を譲渡する方向で交渉を進めていくとのこと。

読売新聞(電子版)などによると、負債総額は約3億2300万円の見通し。

温泉街で唯一営業「浜村ビューホテル」が破産手続き...鳥取 : 読売新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事