不景気.com > 国内倒産 > 車用木製部品の「アーウィンベーアテック」が破産決定受け倒産

車用木製部品の「アーウィンベーアテック」が破産決定受け倒産

車用木製部品の「アーウィンベーアテック」が破産決定受け倒産

千葉県茂原市の木製品製造「アーウィンベーアテック」は、4月14日付で千葉地方裁判所一宮支部より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1862年に創業の家具メーカー「コスガ」のカーインテリア部門が分離独立し、2001年に「ケーテック」として設立された同社は、主に日産系車両の内装ウッドパネル製造を主力として事業を展開。

コスガの業績が悪化(2008年11月に破産申請)すると、2007年7月にはドイツの「アーウィン・ベーア・オートモーティブ」社の傘下に入り、海外への受注販路拡大などで業績を伸張させていました。

しかし、その後は景気低迷による自動車販売の落ち込みで受注は急減し、多額の借入金が資金繰りを逼迫。これ以上の事業継続は困難と判断し、今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、2009年3月期末時点の負債総額は約11億6100万円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事