不景気.com > 企業不況 > ダヴィンチ・ホールディングスが6月1日で上場廃止、大証HC

ダヴィンチ・ホールディングスが6月1日で上場廃止、大証HC

ダヴィンチ・ホールディングスが6月1日で上場廃止、大証HC

大阪証券取引所は、ヘラクレス市場に上場する不動産投資会社「ダヴィンチ・ホールディングス」を上場廃止にすると発表しました。

2009年12月期決算において債務超過に転落していた同社は、上場廃止基準である「株価終値(1単位)の月間平均が1万円未満」に対し、4月平均が1438円となり同条件に該当。

このため、4月30日から5月31日まで整理銘柄に指定された後、同社株式は6月1日をもって上場廃止になることが決定しました。

不動産市況の悪化により経営不振に陥った同社は、傘下のREIT「DAオフィス投資法人」を大和証券グループ本社へ売却したほか、希望退職者募集による人員削減などのリストラ策を加速。

しかし、不動産等の棚卸資産評価損約1000億円を計上したことなどで大幅な債務超過に転落。その後も業績回復への足掛かりを掴めず、今回の措置に至ったようです。

株式の上場廃止等の決定:ダヴィンチ・ホールディングス:大阪証券取引所

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事