不景気.com > 国内倒産 > 栃木の「溶融技術」(旧メルテック)に特別清算の開始決定

栃木の「溶融技術」(旧メルテック)に特別清算の開始決定

栃木の「溶融技術」(旧メルテック)に特別清算の開始決定

栃木県小山市の元廃棄物溶融リサイクル業「溶融技術」(旧商号:メルテック)は、2月19日付で神戸地方裁判所伊丹支部から特別清算の開始決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

1995年に「新明和工業」などの出資で設立された同社は、関東近郊の自治体が運営するゴミ処理場などから発生する焼却灰を、高温で溶融しリサイクルする事業を展開。

しかし、多額の設備投資による借入金過多で資金繰りには忙しく経営が悪化。親会社の資金に依存する状態が続いていました。

そのため、2009年7月には環境事業を手掛ける「DOWAエコシステム」への事業譲渡を決定。新設会社の新・メルテックを設立し当該事業を承継すると、自らは清算目的会社「溶融技術」として事後処理に当たっていました。

なお、現在の「メルテック」は「DOWAエコシステム」の下で通常通り営業を行っており、今措置の影響は受けないものと考えられます。

東京商工リサーチによると、負債総額は約27億円の見通し。

東京商工リサーチ:倒産情報(速報)詳細

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事