不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース3/22、大型リストラや倒産が話題の1週間

週刊不景気ニュース3/22、大型リストラや倒産が話題の1週間

週刊不景気ニュース3/22、大型リストラや倒産が話題の1週間

3月15日から22日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。大型リストラや倒産の話題が多い1週間になりました。

人員削減を含むリストラ策を発表したのは、「西松建設」で900名、土木建築「ハザマ」(間組)で150名、山梨のチップオンフィルムテープ製造開発「日立電線フィルムデバイス」で180名、貨幣処理機器の「日本金銭機械」で50名。

その他、破産(予定含む)により倒産したのは、ローソンエンターメディアに破産を申し立てられた「プレジール」、岩手の建設業「北水建設工業」、青森の印刷業「東北印刷工業」、群馬の土木工事「サンケン工業」。

また、民事再生法の適用を申請したのは、大阪のレアメタルリサイクル業「富士興産」、宮崎の信販会社「アイ・シー・カード」、石川の繊維業「岸商事グループ」関連会社の2社。

一方、特別清算を申請したのは、栃木のリネンサプライ業「アシリ・リネンサービス」と、アデランス・ホールディングス傘下のゴルフ場経営会社「エーディーエヌ」。

気になるところでは、フサイチの名を冠した競走馬を多数所有する馬主「関口房朗氏」が、大津地裁から所有馬の差し押さえを受けたことが明らかになっています。

年度末に向け3月も後半に突入しますが、今後2~3週間における経済動向が景気回復へのバロメーターとなりそうです。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事