不景気.com > 不景気ニュース > 高島屋がニューヨーク店を6月で閉店、店舗ビルも売却へ

高島屋がニューヨーク店を6月で閉店、店舗ビルも売却へ

高島屋がニューヨーク店を6月で閉店、店舗ビルも売却へ

百貨店大手の高島屋は、ニューヨークのマンハッタンにて展開する「ニューヨーク高島屋」の営業を6月で終了すると発表しました。

1993年にオープンの同店舗は、目抜き通りとなる5番街の54・55丁目間に位置する地下1階・地上6階、売場面積1705平方メートルの店舗。

しかし、消費不況の影響で販売は低調に推移し業績が悪化。今後は成長市場のアジア地域へ経営資源を振り向けるべく、ニューヨーク店の閉店を決定したようです。

また、同店舗が入店するテナントビルで、高島屋の現地子会社が保有する「フィフスビル」の売却交渉を開始することも合わせて公表。これに伴い、同社はアメリカ国内の事業から完全撤退となる見通し。

子会社資産売却交渉開始のお知らせ

TAKASHIMAYA TO CLOSE JUNE 2010

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事