不景気.com > 国内倒産 > 緑茶製造販売の「駿河園」が破産開始決定、民事再生廃止で

緑茶製造販売の「駿河園」が破産開始決定、民事再生廃止で

緑茶製造販売の「駿河園」が破産開始決定、民事再生廃止で

東京・銀座の緑茶製造販売「駿河園」(現商号:SGE)は、2009年9月に静岡地方裁判所沼津支部へ申請していた民事再生手続が廃止され、3月17日付で同地裁より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1947年に創業の同社は、静岡県沼津市に製茶工場など3工場を所有し、専属契約した茶園と共に栽培から加工まで一貫して行う茶類販売・製造の老舗業者。

特に法事・法要・葬儀向け「仏事返礼品事業」を得意として業績を伸ばしていたほか、近年では東京代官山に日本茶カフェ「suruga」(閉店済)をオープンするなど事業を拡大していました。

しかし、会計上の不備により当局から資産の差し押さえを受け事業継続が困難な状況に追い込まれたことで、自己破産の申請を準備。その後、再生支援スポンサーが現れたことで民事再生手続へ切り替え再建を目指したものの、地裁が同手続の開始を認めず今回の措置に至ったようです。

帝国データバンクによると、2009年9月時点の負債総額は約27億円

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事