不景気.com > 国内倒産 > 神奈川・相模原の警備業「蒼鳳」が民事再生法を申請

神奈川・相模原の警備業「蒼鳳」が民事再生法を申請

神奈川・相模原の警備業「蒼鳳」が民事再生法を申請

神奈川県相模原市の警備業「蒼鳳」は、1月19日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1973年に設立の同社は、建築工事・土木工事における交通誘導等の警備業務を主力とするほか、それに伴う建築現場の清掃業務なども請け負う警備業者。

しかし、不況による建築現場の減少や、土木工事抑制などの影響で警備需要が落ち込むと経営が悪化。資金繰りの多忙から単独での経営再建を断念し、今回の措置に至ったようです。

建設業信用調査協会によると、負債総額は約5億2000万円の見通し。

週刊建設リサーチ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事