不景気.com > 国内倒産 > 群馬の「サンケン工業」が破産決定受け倒産、民事再生廃止

群馬の「サンケン工業」が破産決定受け倒産、民事再生廃止

群馬の「サンケン工業」が破産決定受け倒産、民事再生廃止

群馬県安中市に本拠を置く土木工事の「サンケン工業」は、3月19日付で前橋地方裁判所高崎支部より破産手続の開始決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

1969年に設立の同社は、地元・群馬を中心としてゴルフ場の造成工事や公共工事を主力に事業を展開していた土木工事業者。

しかし、ゴルフブームの低迷で造成工事の受注が減少すると業績が悪化。2007年には民事再生法の適用を申請し同法の下で経営再建を目指していたものの、昨今の景気低迷による公共工事の受注減が再度の経営不振を招き2009年末までに事業を停止し、今回の措置に至ったようです。

毎日新聞(電子版)などによると、負債総額は約67億円

サンケン工業:破産手続きを開始 負債67億円 毎日新聞

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事