不景気.com > 雇用問題 > 半数の企業が「正社員の採用なし」、10年度の採用状況

半数の企業が「正社員の採用なし」、10年度の採用状況

半数の企業が「正社員の採用なし」、10年度の採用状況

帝国データバンクが発表した「2010年度の雇用動向に関する企業の意識調査」によると、約半数の企業が正社員の採用を予定していないことが明らかになりました。

同社が全国の2万1750社(うち有効回答企業数1万624社)を対象に実施した調査によると、2010年度中に新卒・中途を問わず正社員の採用予定がないと回答した企業は全体の47.5%

業界別では「不動産」が62.0%と突出して悪く、次いで「卸売」が55.7%で5割を超えており、不動産市況の悪化や消費不況の煽りを受けた結果と言えそうです。

一方、雇用環境の改善時期については約半数の50.8%が「2011年度以降を見込む」としており、回復には依然として時間が必要との見方が大勢を占めています。

2010年度の雇用動向に関する企業の意識調査 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事