不景気.com > 国内リストラ > 西松建設が従業員の約4分の1に相当する900名を人員削減

西松建設が従業員の約4分の1に相当する900名を人員削減

西松建設が従業員の約4分の1に相当する900名を人員削減

東証1部上場の「西松建設」は、早期退職者制度や自然減などを利用し総勢900名におよぶ人員削減の実施を明らかにしました。

早期退職者募集の対象となるのは満35歳以上59歳未満の従業員で、募集人員は600名。退職日は5月末日とし、退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する予定。

そのほか、人員補充・採用の抑制等による自然減で300名程度を削減し、総数で全従業員数3575名の約4分の1に相当する900名規模の削減を目指す方針。

これら施策に伴い、特別加算金等の支出として約60億円の特別損失を予定する一方、年間で約70億円の人件費削減効果を見込むとのこと。

早期退職者募集に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事