不景気.com > 企業不況 > 東証1部上場の不動産業「ランド」が8億円の債務免除を受ける

東証1部上場の不動産業「ランド」が8億円の債務免除を受ける

東証1部上場の不動産業「ランド」が8億円の債務免除を受ける

東証1部上場の不動産業「ランド」は、借入金債務の一部において債権者から債務免除を受けたことを明らかにしました。

同社によると、借入金債務約15億1000万円の弁済に際し、担保となる不動産を売却した上で、無担保部分の残債務約8億円の全額を当該債権者から免除されたとのこと。

債務の圧縮が進んだことで支払利息の軽減など収益改善が期待できる一方、現在策定中の中期経営計画に基づき、今後も物件の早期売却やリストラ策の実施により業績回復を目指す方針。

1996年に設立の同社は、マンション分譲や不動産流動化事業を柱とする不動産業者で、2009年8月時点の従業員数は396名。

債務免除に関するお知らせ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事