不景気.com > 赤字決算 > 近鉄百貨店が94億円の純損失に下方修正、リストラ費増大で

近鉄百貨店が94億円の純損失に下方修正、リストラ費増大で

近鉄百貨店が94億円の純損失に下方修正、リストラ費増大で

近鉄百貨店は2010年2月期の通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益で94億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2010年2月期通期連結業績予想:近鉄百貨店

売上 営業損益 純損益
前回予想 3120億円 △11億円 △30億円
今回予想 3080億円 △11億円 △94億円

これは、昨年の12月25日に公表した希望退職者の募集に伴い発生する特別加算金や、大量退職に対応する一時償却費用などで約78億円を特別損失として計上するため。

希望退職者募集を巡っては、当初予定していた募集人員の400名を大幅に超える708名の応募があったことを明らかにしています。

業績予想の修正に関するお知らせ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事