不景気.com > 国内リストラ > 日立電線フィルムデバイスが希望退職による180名の人員削減

日立電線フィルムデバイスが希望退職による180名の人員削減

日立電線フィルムデバイスが希望退職による180名の人員削減

山梨県中央市に本拠を置くチップオンフィルムテープの製造開発「日立電線フィルムデバイス」は、希望退職者の募集による180名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは全社員で、退職日は6月20日。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針。

同社では、本施策実施により特別加算金等の支出として約8億円の特別損失を計上する一方、年間で約10億円の人件費削減効果を見込むとのこと。その他、役員報酬および管理職給与の減額措置を継続することも合わせて明らかにしています。

2008年6月に設立の同社は、東証・大証1部に上場する「日立電線」の100%出資子会社。

ニュースリリース:取引所公開 : Hitachi Cable

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事