不景気.com > 国内リストラ > 格安靴の「ヒラキ」が専門店事業から撤退、赤字続きで

格安靴の「ヒラキ」が専門店事業から撤退、赤字続きで

格安靴の「ヒラキ」が専門店事業から撤退、赤字続きで

東証2部に上場する格安靴の製造販売「ヒラキ」は、婦人靴を中心とする専門店事業からの撤退を明らかにしました。

同対象事業は、多角化の一環として全国各地のショッピングセンターへ出店を進め、ピーク時の2008年12月には13店舗まで店舗数を拡大していました。

しかし、景気低迷の影響でショッピングセンターの相次ぐ閉鎖や新規オープンの減少が顕在化。そのため出店攻勢による規模拡大が困難な状況となり、今後の収益改善が見込めないと判断し撤退を決めたようです。

今後は主力の通信販売や、展開するディスカウント店舗の運営事業に注力していく方針。

専門店事業の撤退に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事