不景気.com > 国内リストラ > 土木建築の「ハザマ」が早期退職による150名の人員削減

土木建築の「ハザマ」が早期退職による150名の人員削減

土木建築の「ハザマ」が早期退職による150名の人員削減

東証1部上場の土木建築業「ハザマ」(間組)は、早期退職優遇措置による150名の人員削減を明らかにしました。

対象となるのは満50歳以上の正社員で、退職日は6月末日。退職者には特別加算金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針。

この施策に伴い、特別加算金等の支出として約8億円の特別損失を予定する一方、年間で約10億円の人件費削減効果を見込むとのこと。

景気低迷の影響により民間の建設需要が落ち込んでいることに加え、公共工事の減少で今後も厳しい経営状況が続くと予想。事業規模に則した人員体制の構築が急務と判断し、今回の削減に踏み切ったようです。

早期退職優遇措置の実施に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事