不景気.com > 景気対策 > ハーレーダビッドソンが大型二輪免許取得費用10万円を補助

ハーレーダビッドソンが大型二輪免許取得費用10万円を補助

ハーレーダビッドソンが大型二輪免許取得費用10万円を補助

ハーレーダビッドソン・ジャパンは、大型自動二輪MT免許の取得費用を補助する「パスポート・トゥ・フリーダム」キャンペーンの実施を発表しました。

対象となるのは、3月1日から5月末日までに大型自動二輪MT免許を取得し、3月1日から4月末日までに同社の2010年モデルを新車で成約した人。

補助金の額は10万円(スポーツスターの一部モデルのみ5万円)で、この他にもローン利用者に「立ちゴケ」の修理費用を補償するキャンペーンを実施し、売上増に繋げたい考え。

同社では景気低迷による売上の減少を受け、全世界で2000人規模の人員削減やスポーツバイクブランド「ビューエル」からの生産撤退などのリストラ策を進めていました。

PASSPORT TO FREEDOM|HARLEY-DAVIDSON JAPAN

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事