不景気.com > 国内倒産 > 知的財産事業「CCRE」が民事再生法を申請、CCCから独立

知的財産事業「CCRE」が民事再生法を申請、CCCから独立

知的財産事業「CCRE」が民事再生法を申請、CCCから独立

東京都渋谷区に本拠を置く知的財産販売の「CCRE」(旧・CCRエンタテインメント)は、3月2日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

「TSUTAYA」などを展開する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」(CCC)のコンテンツ企画グループを前身として2005年に設立された同社は、コンテンツやデータ・サービスなど知的財産の販売・製作およびライツビジネスを手掛けていました。

しかし、設立当初から業績は低調に推移していたほか、景気低迷の影響で資金繰りも悪化。単独での事業再建は困難との判断から、再生法申請に至ったようです。

東京商工リサーチによると、負債総額は約13億6900万円

なお、今後は事業を継続しながら経営再建を目指す見通し。

東京商工リサーチ:倒産情報(速報)詳細

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事