不景気.com > 赤字決算 > 全日空の10年3月期は純損益650億円の赤字幅拡大へ

全日空の10年3月期は純損益650億円の赤字幅拡大へ

全日空の10年3月期は純損益650億円の赤字幅拡大へ

全日空(ANA)は、2010年3月期の通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益で650億円の赤字幅拡大となる見通しを明らかにしました。

2010年3月期通期連結業績予想:全日本空輸(ANA)

売上 営業損益 純損益
前回予想 1兆2600億円 △200億円 △280億円
今回予想 1兆2200億円 △610億円 △650億円

新型インフルエンザ等の影響で売上が落ち込んだことに加え、長引く景気低迷による需要減少や単価下落が業績を圧迫。また、第4四半期において想定していた需要回復が特に国内線を中心に遅れていることなどを加味し、今回の修正に至ったようです。

その他、2010~2011年度経営計画の一環として、グループエアラインを3社に再編するほか、2010年度中に間接業務人員の約2割に相当する1000名の削減を実施する方針も合わせて明らかにしています。

業績予想の修正に関するお知らせ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事