不景気.com > 雇用問題 > 09年冬のボーナスが9.3%減の38万円、減少幅は過去最大

09年冬のボーナスが9.3%減の38万円、減少幅は過去最大

09年冬のボーナスが9.3%減の38万円、減少幅は過去最大

厚生労働省が発表した「毎月勤労統計調査」によると、2009年の年末賞与は前年同期比9.3%減の38万258円だったことが明らかになりました。

年末賞与の減少幅としては過去最大で、長引く景気低迷の中、依然として厳しい賃金体系が続いていると言えそうです。

産業別に見ると、最も支給額が少なかったのは前年比36.8%減の「飲食店・宿泊業」で6万7402円。次いで「卸売・小売業」が27万7112円、「サービス業」が31万5877円となっています。

厚生労働省:毎月勤労統計調査-平成21年年末賞与の結果

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事