不景気.com > 国内リストラ > 衣料小売チェーン「鈴丹」がメンズ部門撤退と47店舗の閉鎖

衣料小売チェーン「鈴丹」がメンズ部門撤退と47店舗の閉鎖

衣料小売チェーン「鈴丹」がメンズ部門撤退と47店舗の閉鎖

東証・名証1部上場の衣料品小売チェーン「鈴丹」は、メンズ部門からの撤退と不採算店舗の閉鎖を明らかにしました。

景気低迷による消費不況が依然として続く中、収益体制の改善が急務と判断。不採算事業のメンズ部門から撤退し、レディース部門に注力する方針。

また、上記施策に合わせ大規模な店舗閉鎖を計画しており、2011年2月期末時点で242店舗となる47店舗の閉鎖を実施する予定。

これらリストラ策の実施に伴い、約5億5000万円の特別損失を計上する見込みで、2011年2月期当期純損益は約13億円の赤字幅拡大になる見通しを明らかにしています。

2011年2月期通期連結業績予想:鈴丹

売上 営業損益 純損益
前回予想 173億円 2億6000万円 △2億円
今回予想 160億3000万円 △6億2000万円 △13億6000万円

業績予想の修正及び特別損失の計上に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事