不景気.com > 買収合併 > ソフトバンクが米動画配信「Ustream」へ18億円の出資、筆頭株主も

ソフトバンクが米動画配信「Ustream」へ18億円の出資、筆頭株主も

ソフトバンクが米動画配信「Ustream」へ18億円の出資、筆頭株主も

ソフトバンクは、アメリカのITベンチャーで動画配信サービスを手掛ける「ユーストリーム」(Ustream)へ出資したことを明らかにしました。

それによると、1月29日付で出資比率13.7%相当となる2000万ドル(約18億円)を出資。また、追加取得オプションを行使した場合、出資比率は30%強まで増加し筆頭株主になる見通し。

ユーストリームは、2007年3月に開設されたインターネットによる動画の生放送サービスで、パソコンや携帯電話等を通じて簡単に動画配信できるのが特徴。

ソフトバンクでは、将来性を見越しての出資に加え、同社が発売している携帯電話の主力機「iPhone」との連携サービス強化も狙いだと考えられます。

Ustream, Inc.への出資について | ソフトバンク株式会社

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事