不景気.com > 国内リストラ > 昭和シェルが「京浜製油所扇町工場」を閉鎖、精製施設集約で

昭和シェルが「京浜製油所扇町工場」を閉鎖、精製施設集約で

昭和シェルが「京浜製油所扇町工場」を閉鎖、精製施設集約で

昭和シェル石油は、連結子会社の「東亜石油」へ賃貸している「京浜製油所扇町工場」を2011年9月までに閉鎖すると明らかにしました。

神奈川県川崎市にある同製油所は、昭和シェルの旧川崎製油所を2000年から10年間の定期賃借契約で東亜石油が運営。従業員は約100名で、12万バーレル/日の原油処理能力を有していました。

しかし、景気低迷の影響で厳しい事業環境が続いていることから、今後の収益改善には精製設備の集約が不可欠と判断し、契約満了を機に工場の閉鎖を決定したようです。

なお、昭和シェルでは閉鎖に伴う費用として約211億円を特別損失として計上する方針で、今後は2011年9月に予定されている定期修理までに原油処理を停止する予定。

昭和シェル石油 - 京浜製油所扇町工場の閉鎖に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事