不景気.com > 買収合併 > 積水ハウスがジョイント・コーポレーションのREIT運用会社を買収

積水ハウスがジョイント・コーポレーションのREIT運用会社を買収

積水ハウスがジョイント・コーポレーションのREIT運用会社を買収

住宅大手の「積水ハウス」は、2009年5月に会社更生法の適用を申請した「ジョイント・コーポレーション」から、不動産投資信託(REIT)の運用会社を買収すると発表しました。

買収するのは、東証に上場する「ジョイント・リート投資法人」の資産運用会社「ジョイント・キャピタル・パートナーズ」。

積水ハウスは、投資ファンド「スプリング・インベストメント」と共同でジョイント・キャピタルの全株式を取得するほか、ジョイント・リートの第三者割当増資も引き受ける方針で、積水ハウスの高い与信力を背景に安定した収益構造への転換を目指す見通し。

買収後の持株比率は積水ハウスが75%、スプリング社が25%で、今後は3月8日にも株式譲渡が実施される予定。

ジョイント・キャピタル・パートナーズの全株式取得に関するお知らせ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事