不景気.com > 海外リストラ > スカンジナビア航空が700名の追加削減へ、09年赤字拡大で

スカンジナビア航空が700名の追加削減へ、09年赤字拡大で

スカンジナビア航空が700名の追加削減へ、09年赤字拡大で

北欧の航空会社「スカンジナビア航空」(SAS)は、全社員の約4%に相当する700名の人員削減を明らかにしました。

同社では、昨年2月に実施した40%の人員削減に次ぐリストラ策で、回復の見えない航空業界の厳しい現状が浮き彫りになった格好。

2009年の税引き前損益では、4億6100万ドル(約412億円)の赤字幅拡大となっており、それに伴う250億円規模の経費削減の一環として、追加のリストラ策に踏み切ったようです。

1946年に設立のSASは、スウェーデン・デンマーク・ノルウェー3カ国の政府などが出資し、同地区のフラッグキャリアとして世界各国へ就航。日本には、戦後間もない1951年から就航が開始されています。

SAS to Issue Shares, Cut Jobs After Posting Loss for 2009 - NYTimes.com

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事