不景気.com > 国内倒産 > 老舗印刷業「中島印刷」が事業停止、自己破産申請し倒産へ

老舗印刷業「中島印刷」が事業停止、自己破産申請し倒産へ

老舗印刷業「中島印刷」が事業停止、自己破産申請し倒産へ

東京都目黒区に本拠を置く印刷業「中島印刷」は、2月1日付で事業を停止し、近日中にも自己破産を申立て倒産する見通しであることが明らかになりました。

1937年に中島印刷所として創業、1952年に現商号へ改称した同社は、カタログ・パンフレット・ポスター・カレンダーなど商業美術印刷全般を扱う老舗の総合印刷業者。

戦時中には工場を焼失したものの、1970年代に前後して目黒本社工場・大崎工場・山梨県上野原工場を相次いで開設。また、大型印刷機も積極的に導入するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷の影響で受注が伸び悩んだことに加え、価格競争や原料価格上昇により収益は悪化。今後も業績の回復が見込めないと判断し、今回の措置に至ったようです。

静岡商工データによると、負債総額は約10億円

中島印刷倒産情報 静岡商工データ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事