不景気.com > 不景気ニュース > 松坂屋・名古屋駅店が8月をもって閉店、36年の歴史に幕

松坂屋・名古屋駅店が8月をもって閉店、36年の歴史に幕

松坂屋・名古屋駅店が8月をもって閉店、36年の歴史に幕

Jフロントリテイリング傘下の百貨店「松坂屋」は、2010年8月29日をもって名古屋駅店の閉店を明らかにしました。

1974年に名古屋ターミナルビルのキーテナントとしてオープンした同店は、名古屋駅前に立地する売場面積1万6521平方メートルの中規模店で、その利便性から特に鉄道沿線の利用客を中心に支持を得ていました。

しかし、景気低迷の影響で近年は売上がジリ貧となっていることから、ターミナルビルの建て替えに合わせ閉店を決定したようです。

今後は、売場面積で5倍以上の規模となる旗艦店舗「名古屋店」に経営資源を集中させ、収益改善を目指す見通し。

なお、同店の従業員129名のうち、正社員については配置転換などで雇用を継続する一方、非正規社員においては契約を更新しない方針。

株式会社松坂屋 名古屋駅店の営業終了について

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事