不景気.com > 国内リストラ > 松屋の早期退職に想定の1.5倍となる225名が応募、下方修正も

松屋の早期退職に想定の1.5倍となる225名が応募、下方修正も

松屋の早期退職に想定の1.5倍となる225名が応募、下方修正も

東証1部上場の百貨店「松屋」は、募集していた早期退職者優遇制度に想定の1.5倍となる225名が応募したことを明らかにしました。

これは昨年12月に、同社が「セカンドキャリア支援制度・特別転進プラン」として公表していたもので、同社とビルメンテナンス子会社「シービーケー」を対象に150名の早期退職者を募集していました。

応募者数の内訳は、松屋が171名(募集人員は120名)、シービーケーが54名(同30名)。これら削減の実施に伴い、割増退職金等の支出で約31億円の特別損失を計上する見通し。

その他、子会社「東栄商会」で早期退職者優遇制度の実施や、浅草店の規模縮小、子会社「アターブルイーピー」の店舗閉鎖などで特別損失を計上した結果、2010年2月期の業績予想を大幅に下方修正し、当期純損益は67億円の赤字幅拡大になる見通しを明らかにしています。

2010年2月期通期連結業績予想:松屋

売上 営業損益 純損益
前回予想 806億円 △8億円 △26億円
今回予想 806億円 △6億円 △67億円

「セカンドキャリア支援制度・特別転進プラン」の募集結果に関するお知らせ

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事