不景気.com > 不景気ニュース > 09年のマンション発売戸数は18.8%減で17年ぶりの低水準

09年のマンション発売戸数は18.8%減で17年ぶりの低水準

09年のマンション発売戸数は18.8%減で17年ぶりの低水準

不動産経済研究所が発表した「全国マンション市場動向」によると、2009年のマンション販売戸数は前年比で18.8%減の7万9595戸だったことが明らかになりました。

発売戸数が8万戸を下回るのは1992年以来17年ぶりのことで、過去最高を記録した1994年の18万8343戸に比べ約6割減となる低水準まで落ち込んでいます。

その他、発売総額で見ても前年比で20.9%減の約3兆262億円にとどまり、景気低迷を受けた市場の停滞が改めて浮き彫りになったと言えそうです。

2009年の全国マンション市場動向:不動産経済研究所調べ

2009年 前年比
発売戸数 7万9595戸 △18.8%
発売総額 3兆262億円 △20.9%
平均価格 3802万円 △2.5%

不動産経済研究所、2009年の全国マンション市場動向を発表

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事