不景気.com > 国内倒産 > たまり醤油製造の老舗「キンカ食品」が破産決定受け倒産

たまり醤油製造の老舗「キンカ食品」が破産決定受け倒産

たまり醤油製造の老舗「キンカ食品」が破産決定受け倒産

岐阜県山県市の醤油・味噌製造業「キンカ食品」は、岐阜地方裁判所から破産手続の開始決定を受け、倒産したことが明らかになりました。

1919年に「岐阜醤油醸造」として創業、1972年に現商号へ改称した同社は、濃厚な味わいが特徴の天然醸造「たまり醤油」や、大豆のみを原料にした「豆味噌」を製造。本社所在地に、年間原料処理量1万石(醤油32万人分に相当)を誇る工場を所有し事業を展開していました。

しかし、原料高騰による収益力の悪化に加え、低価格商品との競合で売上が悪化。設備投資による借入金が資金繰りを逼迫し、今回の措置に至ったようです。

毎日新聞(電子版)などによると、負債総額は約9000万円

キンカ食品:破産手続きを開始 /岐阜 - 毎日jp(毎日新聞)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事