不景気.com > 国内倒産 > 金沢の事務機器販売「ジム」が破産決定受け倒産、負債16億

金沢の事務機器販売「ジム」が破産決定受け倒産、負債16億

金沢の事務機器販売「ジム」が破産決定受け倒産、負債16億

石川県金沢市の事務機器・用品販売「ジム」は、8日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

1979年に「田中文具」として創業した同社は、金沢市内にて文房具店を運営。1987年には現商号へ改称し法人化すると、事務機器およびパソコン販売に軸足を移し業態を拡大していました。

しかし、景気低迷による設備投資の落ち込みや競争激化で売上はジリ貧となる中、借入金が資金繰りを逼迫し今回の措置に至ったようです。

asahi.com:事務機器販売業「ジム」事業停止-マイタウン石川

(2010年5月18日:追記)

4月7日に金沢地方裁判所へ自己破産を申請していた同社は、4月26日付で破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。負債総額は約16億7400万円の見通し。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事