不景気.com > 買収合併 > 本間ゴルフが中国系企業「マーライオンHD」の傘下へ

本間ゴルフが中国系企業「マーライオンHD」の傘下へ

本間ゴルフが中国系企業「マーライオンHD」の傘下へ

ゴルフクラブ製造の「本間ゴルフ」は、中国の大手企業集団が共同出資する「マーライオン・ホールディングス」と資本提携し、同社の傘下に入ることを明らかにしました。

マーライオンHDは、本間ゴルフの株式を保有する日本の投資ファンドから過半数の株式を取得し、本間ゴルフを子会社化する方針。

景気低迷により国内のゴルフ市場が冷え込む中、富裕層の増加により市場拡大が見込める中国での営業体制強化を目指し、今回の資本提携に至ったようです。

1958年に創業の同社は、高級ゴルフクラブの製造で知名度を上げ、ジャスダックへ上場するまでに事業は成長。しかし、事業多角化の影響で経営が悪化すると、2005年には民事再生法の適用を申請へ追い込まれていました。

資本提携契約締結に関するお知らせ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事