不景気.com > 国内倒産 > 石狩の住宅リフォーム業「ユニオン」が事業停止し弁護士一任

石狩の住宅リフォーム業「ユニオン」が事業停止し弁護士一任

石狩の住宅リフォーム業「ユニオン」が事業停止し弁護士一任

北海道石狩市に本拠を置く住宅・外壁リフォームの「ユニオン」は、1月29日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。今後は、近日中にも自己破産を申請する方針。

1972年に設立の同社は、戸建住宅やマンションのリフォーム事業を展開。特に外壁材においては自社工場にて製造も行い、札幌や仙台・埼玉にも拠点を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷の影響から売上が減少すると経営は一気に悪化。リストラ策により生き残りを賭けるも状況は好転せず、事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約8億円

外壁材製造「ユニオン」(石狩)が事業停止 - BNNプラス北海道365

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事