不景気.com > 国内倒産 > スポーツ用品販売「グローバルスポーツ」が民事再生法を申請

スポーツ用品販売「グローバルスポーツ」が民事再生法を申請

スポーツ用品販売「グローバルスポーツ」が民事再生法を申請

福岡県に本拠を置くスポーツ用品チェーンの「グローバルスポーツ」は、2月1日付で福岡地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1997年に「スポーツハヤカワ佐賀」として設立、2002年に現商号へ改称した同社は、福岡県に3店舗を展開するほか、佐賀県・広島県・埼玉県・岡山県に各1店舗、子会社が長崎に2店舗の計9店舗を展開。

しかし、近年は大型量販店の拡大を受け売上が減少していたことに加え、景気低迷による消費不況が追い打ちを掛け、自主再建を断念し今回の措置に至ったようです。

なお、子会社の「グローバルスポーツ長崎」も同様の措置が取られ、帝国データバンクなどによると負債総額は両社合わせて約16億円

今後は、営業を継続しながら経営再建を目指す見通し。

asahi.com(朝日新聞社):グローバルスポーツ、再生法適用を申請

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事