不景気.com > 赤字決算 > ダヴィンチHDが債務超過へ、棚卸資産評価損1000億円計上で

ダヴィンチHDが債務超過へ、棚卸資産評価損1000億円計上で

ダヴィンチHDが債務超過へ、棚卸資産評価損1000億円計上で

ヘラクレス上場の不動産投資会社「ダヴィンチ・ホールディングス」は、2009年12月期末時点で約150億円の債務超過に陥る見通しを明らかにしました。

不動産市況の悪化を理由に投資物件など保有不動産の再評価をしたところ、棚卸資産評価損として約1076億円、特別損失として約477億円を計上。

そのため同社では、2009年12月期連結業績を大幅に下方修正するとともに、連結で約110億円、個別で約150億円におよぶ債務超過への転落を予想しています。

2009年12月期通期連結業績予想:ダヴィンチHD

売上 営業損益 純損益
前回予想 1802億円 192億円 3.15億円
今回予想 497億円 △1130億円 △264億円

なお、1年以内に債務超過を解消できなかった場合、規定に基づき上場廃止の措置が取られます。

たな卸資産評価損の計上並びに債務超過の見込みに関するお知らせ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事