不景気.com > 国内倒産 > 埼玉「岩槻脳神経外科病院」運営の「双樹会」が弁護士一任

埼玉「岩槻脳神経外科病院」運営の「双樹会」が弁護士一任

埼玉「岩槻脳神経外科病院」運営の「双樹会」が弁護士一任

さいたま市岩槻区の医療法人社団「双樹会」は、自己破産申請を視野に事後処理を弁護士に一任したことが明らかになりました。

1997年に設立の同法人は、岩槻区にて「岩槻脳神経外科病院」(病床数80床)と「双樹クリニック」を運営。脳外科専門病院として、他県からの患者も診療に訪れるなど相応の知名度を有していました。

しかし、2000年の病院新設における借入金が資金繰りを逼迫。2009年には給与未払いが表面化、今年に入ると突然の休診発表など対応も慌ただしくなったことで、事業継続を断念し弁護士一任の決断に至ったようです。

帝国データバンクによると、負債総額は約30億円。なお、両院とも1月20日までは診療の継続を明らかにしています。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事