不景気.com > 国内倒産 > プジョーディーラー「チューガイカーズ」が自己破産申請し倒産へ

プジョーディーラー「チューガイカーズ」が自己破産申請し倒産へ

プジョーディーラー「チューガイカーズ」が自己破産申請し倒産へ

輸入車販売業「チューガイカーズ」は、1月13日付で事後処理を弁護士に一任、今後は自己破産を申請し倒産する見通しであることが明らかになりました。

2001年に設立の同社は、フランスの自動車メーカー「プジョー」の国内正規ディーラーとして、東京都内に店舗を展開。

中央区晴海の大型店「プジョー中央ショールーム」を筆頭に、足立区の「プジョー足立」、板橋区の「プジョー豊玉」、江東区東雲のメンテナンス部門「プジョー中央サービスポイント」の4拠点を運営し、親身なサポートがユーザーから好評を得ていました。

しかし、景気低迷の影響で販売台数が大きく落ち込んだことに加え、主力店となる「プジョー中央」の開店時に抱えた多額の借入金により経営は悪化。

そんな折、プジョー中央を国内正規代理店「プジョー・ジャポン」へ譲渡するなど経営再建を目指すも、自動車不況が長引いたことで資金繰りは遂に逼迫し、やむなく事業継続を断念したようです。

静岡商工データによると、負債総額は約13億円

チューガイカーズ倒産情報 静岡商工データ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事