不景気.com > 雇用問題 > 大学生の就職内定率が過去最低の73.1%、前年比7.9%大幅減

大学生の就職内定率が過去最低の73.1%、前年比7.9%大幅減

大学生の就職内定率が過去最低の73.1%、前年比7.9%大幅減

厚生労働省・文部科学省が行った調査によると、昨年12月1日時点における2010年新卒大学生の就職内定率は73.1%に悪化していることが明らかになりました。

これは1996年の調査開始以来、12月調査時の統計では過去最低の内定率。前年比7.9ポイント減となる減少幅も過去最大で、依然として厳しい雇用状況が浮き彫りになった格好。

就職内定率 前年比
大学 73.1% △7.4
国公立大 80.7% △4.6
私立大 70.5% △8.5
専門学校 47.4% △9.5
高専 96.9% 1.1

これまでで最も悪かった2004年の73.5%と比較しても0.4ポイント悪化しており、また現在の雇用状況を勘案すると大幅な上積みは考えにくいことから、最終結果も過去最低を記録する可能性が高いと言えそうです。

調査は全国から112校を抽出し、延べ6250人を対象に実施。毎年10月・12月・2月・4月時点の統計により就職内定率を算出しています。

平成22年3月大学等卒業予定者の就職内定状況

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事