不景気.com > 景気対策 > 三井アウトレットパーク続々、4月に北海道、2012年に木更津で

三井アウトレットパーク続々、4月に北海道、2012年に木更津で

三井アウトレットパーク続々、4月に北海道、2012年に木更津で

三井不動産は、開発していた北海道北広島市のアウトレットモール「三井アウトレットパーク・札幌北広島」を4月22日にオープンすると明らかにしました。

道内最大級となる施設は、店舗面積2万3000平方メートル、店舗数128店で、札幌中心部と千歳空港の中間に位置する交通至便の立地。

一方、2012年春の開業を目指し開発が決定したのは「三井アウトレットパーク・木更津金田」。予定地は東京湾アクアラインの木更津金田インターチェンジ近くで、千葉県内や東京都内・神奈川県湾岸部のみならず、羽田空港経由で海外からの来客も期待できるとのこと。

最終期においては、店舗面積3万~4万平方メートル、店舗数200~250店規模で、国内最大級の施設になる見通し。

百貨店を筆頭に衣料品の販売が落ち込む中、アウトレットの売上は右肩上がりで、最近では国内初の都市型アウトレットモールが東京・お台場「ビーナスフォート」内にオープンしたばかり。

各ブランドにおいても、全体に占めるアウトレットでの売上比率が大きくなっていることから、無視できない販売形態になっていると言えそうです。

三井不動産|「三井アウトレットパーク 札幌北広島」4月22日オープン

三井不動産|「(仮称)三井アウトレットパーク 木更津金田」開発決定

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事