不景気.com > 国内倒産 > 横浜の老舗酒店「三河屋本店」が民事再生法を申請

横浜の老舗酒店「三河屋本店」が民事再生法を申請

横浜の老舗酒店「三河屋本店」が民事再生法を申請

横浜市神奈川区に本拠を置く酒類販売業「三河屋本店」は、1月27日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1890年に創業の同社は、飲食店やホテルなどを取引先として酒類販売を行っていたほか、横浜市内で酒類・輸入食材専門店「リカーワールド・ドンキー」3店舗を展開。取引先からの信頼も厚い、地元の老舗業者として知られていました。

しかし、大手量販店やディスカウントチェーン等の進出で価格競争が激化したことに加え、景気低迷による売上減が響き収益は悪化。単独での事業再建を断念し、今回の措置に至ったようです。

負債総額は約18億円

今後は大手チェーン等を支援スポンサーに迎え、事業を継続しながら経営再建を目指す見通し。

三河屋本店が民事再生法適用申請: : 神奈川新聞社

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事