不景気.com > 海外倒産 > 米地方航空「メサ・エアー」が破産法11章を申請し倒産

米地方航空「メサ・エアー」が破産法11章を申請し倒産

米地方航空「メサ・エアー」が破産法11章を申請し倒産

アメリカ・フェニックスに本拠を置く航空会社の「メサ・エアー・グループ」は、1月5日付で連邦破産法第11章を申請し、倒産したことが明らかになりました。

1982年に設立の同社は、「USエアウェイズ」「ユナイテッド航空」「デルタ航空」等の大手航空会社と契約し地方路線の運航を担当。航空機130機を保有し127都市へ就航、従業員は3500名を数える規模にまで事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による航空需要の悪化で利用者が急減すると資金繰りは逼迫。単独での事業継続は困難との判断から、今回の措置に至ったようです。

負債総額は、5億~10億ドル規模(約450億円~900億円)で、今後は通常通り営業を続けながら経営再建を目指す見込み。

Mesa Air Group - Restructuring

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事